CMも話題 よく当たると評判の宝くじ売り場&人力車

人力車は、結婚披露宴で新郎新婦の登場に使われるなど“縁起が良い”乗り物としても有名だ。風水師・伊藤夢海(ゆみ)さんがこう話す。

「風を感じながら走る人力車は、風のエネルギーと一緒にやってくる運気を取り込むのに効果抜群です。さらに、丸くて大きな車輪は、そのまま大きな金運を表しています。まさに、開運を呼ぶ乗り物ですね」

 そこで、人力車が街中を走る地域の宝くじ売り場を徹底捜索! 観光も楽しめて、高額当せんも狙える“夢”のような売り場を発見した。

 アメーバニュースより

 

さらに、幸運を運ぶ、金運上昇の人力車があるとの情報をつかみました。

婚礼人力車壽屋の代表を努め、現役で自らも人力車を引く社長さんのお名前は

なんとも縁起の良い「金成さん」!!

金成さんの人力車は、一般の方々が観光などで乗車することはできませんが、婚礼などで、新郎新婦がご利用する場合のみ乗車ができるということのようです。

実際に高額当選者が何人もいて、リーピートで宝くじ購入前に貸切で乗りに来るなど

新しい生活をスタートする新郎新婦のあいだでは、ひそかなブームらしく、金成さん御氏名と言うお客様も多いとのことです。

14日,石破茂地方創生担当大臣の岡山訪問に同行致しました!

14日,石破茂地方創生担当大臣の岡山訪問に同行致しました!


あべ俊子さんFB

シブがき隊のやっくんが結婚・・・25年目の極秘結婚式!!

シブがき隊のやっくんこと薬丸裕英さん(49)が25年目の結婚記念日となる8日、米ハワイで 妻でタレント・石川秀美(48)と“25年越し”の結婚式を挙げたことを9日のブログで報告しています。

http://ameblo.jp/yakumaru-hirohide/entry-12036836952.html

人力車を結婚式に利用評判・口コミ

結婚式の時、人力車を利用することについて、皆さんのいろいろなコメントを見ることができました。いろいろな方の意見なども参考にこれからもよりよいサービスを提供して、日本一の人力車を常に目指して頑張ろうと思います。

読売オンライン 大手小町さんより

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/0219/484629.htm?g=04

2014年4月5日 東京ガーデンパレスにて婚礼人力車披露宴入場行います。

 

新郎大ハッスル!会場大盛り上がりの人力車サプライズ演出

2014年4月3日 人力車入場&練り歩きごりようありがとうございました

注目度NO1の婚礼人力車 ロケーション撮影

2014年4月5日 婚礼人力車 ロケーション撮影皇居周辺にて

 

春の日差しの中、婚礼衣装に身をまとった新郎新婦様の撮影を行いました。

素敵なお二人の姿が街中に現れ、偶然すれ違った沿道の皆様も『とても素敵なものが見れたよ』と大喜びで一般方も一緒に撮影会となってしまいました。

 

婚礼 人力車 壽屋

 

町ぐるみで素敵な人力車パレード結婚式!

 

人力車ゆらり 花嫁さん祝福 仙台・荒町商店街より

 

仙台市若林区の荒町商店街で5日、新郎新婦を人力車に乗せて練り歩くパレードがあった。買い物を楽しんでいた市民は、笑顔の2人を拍手で祝福した。

 新郎新婦は共に商店街の一員で、行政書士の米谷賢二さん(38)と、弁当店を経営するいずみさん(45)。商店街振興組合が夫妻の結婚を盛大に祝い、商店街のにぎわいづくりにもつなげようと企画した。

 紋付きはかま姿の新郎、白無垢(むく)姿の新婦と関係者の計約40人が、七十七銀行荒町支店から、式場の満福寺までの約500メートルを練り歩いた。

 地元のすずめ踊りチームが先導し、ご当地ヒーローの「アラマチマン」と「アラマチマンビシャ」が人力車を引いた。沿道からは「おめでとう」の声が飛んだ。

 いずみさんは「いい仲間に恵まれた」と喜びを語った。賢二さんは「商店街が盛り上がればうれしい」と話した。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201404/20140406_15016.html

河北新報さんより

街ぐるみで素敵な新郎新婦人力車パレードですね!!

婚礼人力車壽屋

 

秋葉原にてメイドさんが人力車試乗!!

秋葉原のメイドさんを人力車に乗せてお店の宣伝活動を致しました。

秋葉原にはたくさんのメイドさんがいますが、人力車に乗ってメイドさんが

街中に出現すると大注目でした。

ちょっと停止すると100人から200人くらいの人達に囲まれてしまいました。

皆さんお持ちのカメラで、まるで有名人の記者会見の撮影会のようでした。

かなりの宣伝効果になりました!!

婚礼人力車壽屋

人力車とは?

人力車(じんりきしゃ)とは、人を輸送するための人力による車。横に並べた2つの輪を持つ車に乗客を乗せ、車夫(しゃふ)がこれを曳くという構造をしていた。手押し車のように後ろから押すことによって進む車もあった。日本では、主に明治から大正・昭和初期に移動手段として用いられた。人力俥とも表記する。

日本語では、略して人力(じんりき)、力車(りきしゃ)。車夫はまた車力(しゃりき)とも言った。また英語のRickshaw(リクショー)は「リキシャ」を語源とする日本語由来の英単語。人力車に関する車の文字はすべて俥とも表記した。俥の字は本来は中国象棋の駒の名称に使われるだけの漢字であったが、明治以降の日本において中国にそのような漢字があることに気付かずに、人力車を表すために作られた国字の一種である(中国にもともとあった字体のため正確には国字と言わない)。そのため「俥」(くるま)一文字だけで人力車を表している。

人力車には乗客が一人乗りのものや二人乗りのものなどがあるが、日本で普及したのは一人乗りのものが圧倒的に多かった。また車夫は通常1人だが、特に急ぎの場合などは2人以上で引いたり、時には押したり、交代要員の車夫が併走したりすることもあった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%8A%9B%E8%BB%8A人力車より

交通手段の人力車!!

馬車や鉄道、自動車の普及により、都市圏では1926年頃、地方でも1935年頃をピークに減少し、戦後、車両の払底・燃料難という事情から僅かに復活したことがあるが、現在では一般的な交通・運送手段としての人力車は存在していない。

現在は主に観光地での遊覧目的に営業が行われている。観光に人力車を復活させた元祖は鎌倉の現在の有風亭であり、テレビ番組等で度々紹介されて各地に普及した。当初、京都といった風雅な街並みが残る観光地、又は浅草などの人力車の似合う下町での営業が始まり、次第に伊豆伊東、道後温泉といった温泉町や大正レトロの街並みが残る門司港、有名観光地である中華街などに広がっていった。観光名所をコースで遊覧し、車夫が観光ガイドとして解説してくれるものが一般的である。

北海道では小樽市、秋田県では角館、東京都内では浅草雷門、埼玉県では川越市、千葉県では成田市、神奈川県では鎌倉市と横浜中華街、静岡県では伊東市と掛川市、松崎町、岐阜県では高山市・郡上八幡、三重県では伊勢神宮、京都府では嵐山・左京区・東山区、奈良県では奈良公園、愛媛県では松山道後温泉、九州地方では福岡県の門司港、大分県の由布院などで利用できる。

現行の道路交通法では人力車は軽車両の扱いとなるが、自転車とはならないため、自転車以外の軽車両を禁止している自転車道や、自転車通行可とされた歩道であっても人力車で通行する事は出来ない。

観光人力車の乗車料金は10分程度の移動時間中に観光案内を含めた初乗り運賃が1人当たり1000 - 2000円から15分・30分・60分・貸切などさまざまである。2人乗りのものに3人乗車することも可能であるが、相当な重さになることから、観光人力車では料金を割り増しとするものが多い。

観光人力車では到着した後の観光客への観光案内時間中の駐輪場所の整備、客待ち時における待機場所の整備が遅れている。

観光人力車の他、結婚式やお祭りなどでの演出としての使用や、歌舞伎役者のお練りなどに使用されることがある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%8A%9B%E8%BB%8Aより引用

交通手段としての人力車

気持はまさにオープンカー(=人力車)

金沢市内で人力車が走っているのをミたことがありますか? 奈良県出身の山口善久さん(34)が今年2月に「金沢観光人力車 浪漫屋」を立ち上げ、現在2人で営業しています。今回は人力車に乗ってお花見をしてミました。

 

 待ち合わせ場所はひがし茶屋街。すげ笠、法被、足袋姿がよく似合う山口さんに手を取られ、乗せてもらってお姫様気分です。主計(かずえ)町、白鳥路を経由して金沢21世紀美術館に立ち寄り、長町武家屋敷をめざすという「金沢市内・名所いいとこ取りコース」です。

 

 人力車は大人が2人乗れる広さで重さは約80キロ。ちなみにお値段は約180万円。テレビでミたことはあるけれど、実際に乗るのは初めて。小道のみを走るのかと思っていたけど、人力車は自転車と同じ「軽車両」で車道を走ることができます。

朝日新聞記事より

http://www.asahi.com/articles/ASG466VCXG46PJLB00L.htmljinnrikisha人力車

 

婚礼人力車壽屋

肘折温泉に春告人力車走り初め

ことしで17年目を迎える「肘折人力車」は、温泉街に春の訪れを告げる地元の名物となっています。人力車をひく車夫の佐藤則夫さん(76)ら関係者が神事を行い、安全を祈願した後、肘折保育所の 子どもたちを乗せ、温泉街を走った。ことしの肘折温泉は平年より雪解けが早く進み、一週間ほど早い走り初めとなりました。人力車は鈴の音を響かせながら、軽快に進み、湯治客や地元の人たちは手を振ってその姿を楽しんでいました。佐藤さんは「肘折希望大橋が完成した後に、もう一回奮起して、温泉街を賑やかにしないと いけないと感じ、体の続く限りは元気を出して続けていきたい」と話した。肘折人力車は2人乗りで、温泉旅館から「いでゆ館」までのコースと温泉街を1周するコースが用意されていて、雪が降る11月下旬まで運行される。

[ 4/16 21:06 山形放送]

 

婚礼人力車壽屋 

http://www.jinrikisha.jp/

気軽に人力車体験

観光地ではよく見かけるようになった人力車ですが、料金を払って乗ることはできてもなかなか人力車を引っ張るということはできませんよね!

浅草の時代やさんというところでは人力車を引くという体験ができるプランが始まりました。

時代屋江戸蔵では、日本文化を手軽に体験できる数々のプランが用意されている。

 

「人力車夫体験」では、実物の人力車で基本操作を学んだ後に、参加者が互いに車夫役、乗客役となって、実際に人力車を引くことができる。他の観光地でも、人力車に乗ることはできるが、自分が人力車を引くことができるのはめったにないチャンスだ。

 

この「人力車夫体験」は、1回1~2時間、10名程度の参加で人力車1台を使用して、料金は25000円となる。

http://www.asobiniikoze.com/サイトより

 

今までにない面白い企画ですね!!

 

でもでもちょっと疑問??

料金が25000円??

これってちょっと高いような気がする!!

人力車のお兄さんががんばって引いてくれるのであればちょっと高くてもしょうがないかナーと思うのですが、自分で引いて2万5千円って!!

 

それだけ人力車を乗るのではなく引くという貴重な体験ができるというところが売りなのでしょうが、はたしてこのビジネス企画はあたるのでしょうか??・

大泉洋さん人力車に乗る!!

俳優の大泉洋さんと戸田えりかさんが映画『駆け込み女と駆け込み男』のPRイベントで人力車に乗って登場しました。北海道のローカル番組『水曜どうでしょう』での破天荒ぶりは最高な大泉さんですが、私も大大ファンの一人です。映画の大ヒット成功をお祈りしております。

『駆込み女と駆出し男』

ぴあ映画生活より

箱根山 噴火警戒レベルが2に引き上げの中人力車売り上げは過去最高記録!

箱根山は噴火警戒により今年のゴールデンウィ-クは観光業は大打撃を受けている中、人力車は過去最高記録であったと・・・我々人力車業といえば、観光・イベント・結婚式と天候によって仕事量、売り上げは左右され非常に影響を受けます。そんな中頑張った箱根の人力やさんの結果ですね!yahooニュースより